20代・30代・40代-年代別の毛穴の悩み

スポンサードリンク

年代別の毛穴とお肌の悩み

毛穴の悩みといっても黒ずみや汚れ、角栓やたるみの問題など、個人や年齢によって様々です。
ここでは、年代別にどんな悩みを持っているか調べてみました。


10代後半から20代前半

k15.jpg
この年代は肌機能に関する悩みというよりは外見的な肌の美しさを気にする傾向があります。
毛包に関する悩みとしては、「毛穴が開いて目立つ」「小鼻の角栓のつまり」「黒ずみ」などがあるようです。
20代前半までは、皮脂の分泌量が多い時期です。そのため、皮脂によってけあながつまりやすく、こういった悩みが多くなります。
また皮脂分泌が多いのでTゾーンのけあなの開きや吹き出物などの脂性肌に関するお悩みが多いですね。最近ではこの年代からすでに乾燥に悩む方も多いようです。


20代後半から30代

お肌の機能に関するお悩みが出てくる年代です。この年代に多いお肌の悩みとしては「しみ」「乾燥」「毛穴が目立つ」など。
皮脂の分泌量が減ってくるので前の年代より角栓のつまりなどは減ってきますが、d16.jpg
メラニンが増えたり、肌の弾力がなくなってくるので毛穴が開いてくるという悩みをかかえるようになります。頬の毛穴が丸から楕円形のようになり、頬の毛包が開いてきて帯状になるいわゆる「たるみ毛穴」のを認識してくるのも30代半ば頃です。この頬の毛包が開いてくるというのは実はお肌のたるみの始まりです。
若いうちはお肌にあるコラーゲンが毛包を支えているのですが、この支えがゆるんできてけあなが開いてしまうのです。いずれはこのたるみ毛穴がつながるようにしわができてきます。
ただ、この老化によるたるみ毛穴はきちんと予防ケアをすることでかなり違いが出てきます。


スポンサードリンク

40代、50代

老化によるお肌の機能低下が気になり、衰えてきたと感じ始めるのは40代くらいからのようです。お肌の悩みとしては毛穴自体というよりはf17.jpg肌全体に関する悩み「しみ」「しわ・小じわ」「たるみ」が多いです。
年齢とともに肌が衰えることは当然のことです。ただ、お肌の衰えをできるだけ遅くするための対策はとることができます。老化に対する対策を「アンチエイジング」といいます。
アンチエイジングで攻めのスキンケアや生活習慣をすれば若々しいお肌でいることが可能になります。
開いた毛穴を引き締める、目立たなくするケアを早めに取っていきたいものです。

角栓つまり防止!角質ケア向き↓
写真付き!草花木果使ってみました
毛穴の黒ずみ向き↓
写真付き!よか石鹸使ってみました





お肌の基礎知識
お肌の仕組みを知っていますか? 毛穴は何のためにある? 黒ずみ・角栓とお肌のターンオーバー  
タイプ別のトラブルの原因
顔の毛穴の開きと皮脂量 20代・30代・40代-年代別の毛穴の悩み 角栓のつまり-小鼻・頬 毛穴の黒ずみ・汚れ 毛穴の開き・たるみ・帯状  
ケアやトラブル対策法
毛穴を目立たなくする生活習慣 毛穴を引き締めるスキンケア エステや皮膚科クリニックなどでする毛穴のケア  
大人にきび対策
にきびと毛穴との関係 大人にきびの原因と対策  
たるみ毛穴を引き締める対策
トライアルセット一覧 アンチエイジングとは アンチエイジングに効果的な成分 紫外線対策で老化防止  
毛穴化粧品
30代向き!の毛穴角栓と角質対策に良かった化粧品草花木果の口コミ 毛穴のクレンジングお掃除に効果を発揮!あっとよか石鹸の口コミ写真付き  
リンク・当サイトについて
リンク(SEO) リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4